三井住友銀行カードローンでお金を借りる方法

MENU

三井住友銀行のカードローンが便利な理由

三井住友銀行は大手メガバンクの1つですが、カードローンのサービスにも力を入れてきています。すでに三井住友銀行に口座を持っている人はもちろん、利用したことがない人でも、三井住友銀行のカードローンは申込み、利用が可能です。銀行のカードローンならではの特徴にもれず、三井住友銀行では金利4.0%〜14.5%での利用が可能です。

 

口座不要でも申込みができるので、大体の人にとっては、カードローンの候補に入れて問題ないはずです。口座がなければネット振込ができない、自動引落としによる返済ができないなど、1部の利用に制限があるだけです。借入れや返済の条件が変わるなどの心配はなく、大体のことは同じ条件で利用が可能です。

 

三井住友銀行のカードローンは、消費者金融並みのスピード、手軽さと、銀行並みの金利、限度額を併せ持っているので、様々な人に支持されています。

三井住友銀行の返済方法について

三井住友銀行のカードローンの返済金額はシンプルです。借入残高によって、返済額がスライド式に変動します。借入限度額が50万円以下の場合には毎月の返済額は10,000円です。50万円超100万円以下であれば15,000円、100万円超150万円以下なら20,000円と、借入限度額50万円毎に5,000円増えていきます。この最低限返済しなければならない金額を約定返済額といいますが、これ以上の返済も随時行えます。

 

三井住友銀行の口座を持っていれば、自動引き落としによる返済も可能ですが、持っていない場合には自動引落としでの返済ができません。その代り、三井住友銀行ATMや提携ATMを利用して返済が可能です。全国に設置されているコンビニATMやゆうちょATMを利用して返済できるので、近くにATMがないという問題もほぼ発生しないでしょう。

 

これらATMの利用手数料が無料で利用できるのは、三井住友銀行カードローンのメリットの1つです。

カードローンのご利用の条件について

銀行のカードローンというと審査が厳しいと思っている人は多いですが、それはあながち間違いではありません。一般的にローンの種類が同じであれば、金利の低い方が審査は厳しくなります。三井住友銀行も銀行ならではの低金利なので、消費者金融よりは厳しいと見ておくべきでしょう。

 

ただし、三井住友銀行の審査については、プロミスを運営しているSMBCコンシューマーファイナンスが保証会社です。個人向けの融資にも積極的なので、特別年収が高くなければ審査に通らないというわけでもありません。

三井住友銀行カードローンの即日融資について

三井住友銀行は、即日融資に対応している、銀行としては希少なカードローンです。申込み方法としては、全国の契約機の他に、ネットからの申込みも可能です。ただし、三井住友銀行の口座を持っていない場合には、ネット振込での借入れができません。契約機で契約ができるのであれば、その方が確実でしょう。

 

三井住友銀行のカードローンの審査は最短30分なので、急ぎでお金が必要な人にこそ向いているといえます。

 

とはいえ銀行のカードローンなのだから、夕方や土日は営業していないと思っている人もいるかもしれません。三井住友銀行の契約機は、土日も含めて21時まで営業しています。審査結果の連絡も21時まで行っているので、夕方以降でも間に合う可能性があります。

おまとめローンとしても有効

三井住友銀行はおまとめローンとしての需要も高いです。すでに複数社で借入れをしているのであれば、三井住友銀行のカードローンへの1本化を検討低見てもよいでしょう。おまとめローンはまとめ先を間違えると、かえって金利が上がってしまうケースもあります。低金利であること、利用限度額が高いこと、以上の2点を考慮すると、三井住友銀行のカードローンはおまとめローンに適しているといえます。年利4.0%〜14.5%で最高限度額は800万円と、多額の融資にもしっかり対応しています。

 

また、銀行のカードローンなので、総量規制の対象外というのも重要なポイントです。総量規制の対象であるアコムやプロミスなどのカードローンでは、年収の1/3を超える金額の貸付けを行いません。三井住友銀行であれば、借入総額が年収の1/3を超える場合でも申込みが可能です。

 

特におまとめローンは、毎月の返済額を抑えられるというメリットがありますが、返済総額はかえって増えてしまう可能性もあります。そのため、金利の低い銀行でおまとめローンを組むのが一般的です。