個人事業主でお金借りるには

MENU

個人事業主がお金を借りる際の注意点とは

カードローンといえば消費者金融を利用する人が多いです。正社員だけでなく、パートやアルバイトでも申込みが可能なので、敷居が低いという点が人気です。自営業者の場合、消費者金融のカードローンの申込みができないのではと思うかもしれません。しかし、プロミスでもアコムでも、個人事業主でも申込みが可能です。

 

ただし、個人事業主が消費者金融で契約をする時には、2つの点に注意が必要です。1つは審査です。個人事業主の場合、正社員よりも審査では評価が低くなります。収入が多いのだから審査に有利では?と考える人もいますが、重要なのは収入の多さではなく安定性です。個人事業主は事業縮小や倒産によるリスクが高いため、正社員はもちろん、派遣社員よりも安定していないと見なされることが多いです。実際に個人事業主で借りている人もたくさんいますが、安定という面で見ると審査では不利になります。

 

もう1つの注意点が使い道です。プロミスやアコムでは、借入れの目的を申告しなければなりません。使い道は基本的に自由ですが、事業性資金には使えないという注意書きがあります。一見使い道自由に見えるカードローンですが、そのほとんどは事業性資金には使えません。カードローンで借りられるからといって、自営業者によっては使い道が制限されてしまうのです。

事業性資金とは

カードローンは基本的に使い道自由なので、そのお金で遊ぶも良し、生活費に充てるも良し、結婚式に祝儀費用に充てるも良し、様々な用途に使用できます。しかし、事業性資金としての使用はできません。

 

自営業者の場合、新しい設備に投資をしたい、資金繰りが厳しいので従業員へ払う給与として利用したい、手形の不渡りで現金が欲しい、などの状況でお金が必要な時もあります。これらは全て事業性資金としての利用なので、一般のカードローンでは使用を禁止されています。

 

プロミスやアコムでは自営業者でも申込みが可能ですが、あくまで生活費やレジャーなど、個人的な利用目的に使用が限られています。

 

もしも会社の経営上お金が必要であればプロミスやアコムではなく、銀行に融資を依頼しなければなりません。しかし、一般に銀行に融資を頼むのは、特に業績が好調でなければ審査も厳しく、融資までの日数もかかります。自営業者が事業性資金としてお金を借りるのは、プロミスやアコムのように簡単ではないのです。

事業性資金としてお金を借りる方法

自営業者が事業性資金としてお金を借りたい時には、事業性資金専用のカードローンも存在しています。数少ない、事業性資金として使えるカードローンの1つがビジネクストです。消費者金融と違い、事業性資金としてカードローン契約が結べます。

 

事業性資金として借りる手段として、そのままの理由で銀行から融資を受ける方法もありますが、両者にはいくつかの違いがあります。その中でも重要なのが、繰返し利用可能という点です。

 

銀行から融資を受ける場合には、申込み手続きにはかなりの手間がかかります。そして、再度資金繰りに困れば、また初めから手続きのやり直しです。その際、以前のようにまた審査に通るという保証もありません。

 

ビジネクストの場合、カードローンとしての利用なので、限度額の範囲内であれば何度でも繰り返し借入れが可能です。カードを1枚持っていれば、大抵のトラブルには対処できます。

 

ビジネクストの申込みは来店不要で行えます。通常事業性資金の借入れはリスクが高く、必要な書類も多く、手続きにも時間がかかります。担保や保証人の用意も簡単ではありません。ビジネクストの場合、代表者本人が保証人となることで、手軽に契約が可能です。

個人事業主でもお金を借りる事できるの?記事一覧

カードローンのメリットとして、限度額の範囲内であれば、繰返し何度でも、自由に借入れができる点にあります。しかし、一般向けのカードローンは基本的に、事業性資金には利用ができません。また、申込み時に借入れ目的をギャンブルにしてしまうと、これも断られてしまいます。生活費やレジャー目的と違い、事業性資金やギャンブルは、返済不能になるリスクも種類が違います。そのため、一般向けのカードローンには、事業性資金と...